ヒゲ脱毛後の入浴や洗顔はNG?お風呂に浸かってはいけない理由とアフターケア方法

2020年5月17日更新

ヒゲ脱毛で施術そのものと同じくらい大切なのが、施術後のセルフケア!せっかくヒゲ脱毛をしても、自分で適切なケアを行わなければ、肌荒れの原因になってしまうからです。

特に、肌に負担を与えやすい入浴には、細心の注意が必要。そこで、この記事ではヒゲ脱毛後の入浴について解説します。

「ヒゲ脱毛後に入浴や洗顔していいのか?」「注意点はないのか?」などの疑問を持っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次
  1. ヒゲ脱毛後の入浴はNG!シャワーで我慢して
  2. ヒゲ脱毛後の入浴がNGなのはなぜ?3つの理由
  3. シャワーの後はアフターケア!ヒゲ脱毛のダメージを最小限に

ヒゲ脱毛後の入浴はNG!シャワーで我慢して

結論から言うと、ヒゲ脱毛当日はシャワーだけにして、入浴(湯船につかること)は控えましょう。洗顔はいつも通りおこなっても問題ありません。

照射後、当日はシャワーのみにし、お肌を温めすぎないようにしてください。洗顔は特に問題ございません。

ぬるま湯のシャワー程度にとどめておく

次の章で詳しく紹介しますが、入浴で体を温めると、肌トラブルを引き起こす可能性があります。

そのため、ヒゲ脱毛直後は、シャワーだけにするのが安全。ただ、シャワーがOKと言っても、高温だと体温が上がってしまう可能性があります。ヒゲ脱毛をした日は、なるべく体温を上げないことが大切なので、「ぬるま湯」程度にとどめておきましょう。

肌をゴシゴシ洗顔するのもダメ

また、脱毛直後の肌は敏感になっているので、刺激を与えることは避けてください。特に洗顔時は肌をゴシゴシこすらない・タオルは清潔なものを使用するなど注意が必要です。

また、タオルで強くこすったりすることもお控えください。シャワーや洗顔の後は清潔に保っていただき、赤みやヒリヒリ感がある部位には当院にて施術後にお渡しをしている炎症止めの軟膏を塗布してください。

その他、肌に刺激を与えたり、体温を上げたりするような行動は控えるようにしてください。

ヒゲ脱毛後の入浴がNGなのはなぜ?3つの理由

なぜヒゲ脱毛後の入浴はNGなのでしょうか?実は、ヒゲ脱毛した日に普段どおり湯船につかると、思わぬ肌トラブルを引き起こす可能性があるのです。

①赤みや痒みの原因になる

入浴が原因で起こる肌トラブルの代表が、「赤みや痒み」。

レーザーを照射した部位は、施術後も熱を帯びています。そのような状態で湯船につかり体を温めてしまうと、脱毛部位に赤みや痒みが発生してしまう恐れが。

脱毛後のお肌は、軽くほてりが残る場合があります。その際、湯船にゆっくりつかって肌を温めてしまうと、ほてりや炎症が長引いてしまう可能性がございます。

体温の上昇は赤みや痒みの原因になるので、ヒゲ脱毛を施術した日は体温を上げないように気をつけましょう。入浴と同様、飲酒や厚着・激しい運動なども体温を上げる原因になるので控えてください。

②肌が乾燥しやすくなる

ヒゲ脱毛直後に湯船につかると、肌がより乾燥しやすくなります。脱毛後の肌は熱を帯びて乾燥しやすくなっていますが、温かいお湯に入ることで、体が温かくなってさらに水分が蒸発してしまうからです。

なるべく乾燥を防ぎたいのなら、当日の入浴は控えるのが無難。ぬるめのシャワーにして肌に負担をかけないのはもちろん、しっかりと保湿することも大切です。

皮膚温が上がることによりお肌が乾燥しやすい状態になるため、 十分に保湿していただくことをお薦めいたします。

③感染症のリスクが高まる

浴槽にはったお湯には、雑菌が含まれています。普段なら問題ありませんが、ヒゲ脱毛後の肌は敏感になっており、雑菌が原因で感染症になるリスクが高まってしまいます。

サウナ・岩盤浴なども控えて

お風呂と同様、サウナや岩盤浴などもヒゲ脱毛当日は控えてください。サウナや岩盤浴は、不特定多数の人が利用しているため、家のお風呂よりも雑菌が多いです。もちろん、感染症のリスクも高め。

サウナや岩盤浴、さらに温泉やプールなどは、脱毛の赤み・痒みがひけるまで待ちましょう。

シャワーの後はアフターケア!ヒゲ脱毛のダメージを最小限に

ヒゲ脱毛後は、入浴ではなくぬるめのシャワーを浴びるのがいい、ということはご紹介しました。実は、その後にしっかりとアフターケアをすることで、肌トラブルを最小限に抑えることができるんです。

ヒゲ脱毛当日のシャワーの後にしてほしい、アフターケアについてご紹介します。

①施術箇所を冷やす

赤みや痒みが気になる場合、施術箇所を冷やすのも効果的です。冷水でシャワーを浴びる・顔を洗う、保冷剤や氷をヒゲに当てるなどして、しっかりと熱をとるようにしましょう。

②しっかりと保湿する

ヒゲ脱毛で乾燥しやすくなっている肌。シャワーを浴びたあとそのままにしておくと、より乾燥してしまう可能性が高いです。

化粧水や乳液などを使って、念入りに保湿するようにしましょう。また、クリニックで軟膏やクリームなどが処方されたら、そちらも塗布するようにしてください。

以上、ヒゲ脱毛後の入浴についてご紹介してきました。

基本的に、当日の入浴(湯船につかること)は厳禁。肌の赤みや痒み、毛嚢炎のリスクなどを考えて、ぬるめのシャワーで済ませるようにしましょう。

また、ヒゲ脱毛はアフターケアも大切です。施術箇所を冷やし、保湿することで、赤みや痒みがひどくなるのを防ぐことが期待できます。脱毛後のケアをしっかりとおこなって、綺麗な肌を手に入れましょう。

合わせて読みたい記事

ヒゲ脱毛後の保湿・アフターケアについては、以下の記事で詳しく解説しています。肌トラブルを防ぐ方法について知りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ヒゲ脱毛後の保湿やアフターケアの方法は?肌トラブルを引き起こすNG行為も!

また、アフターケアと同じく大切なのが、施術前日・当日の準備。ヒゲ脱毛による肌のダメージを最小限に抑えられるよう、次の記事もチェックしておきましょう。

ヒゲ脱毛の施術前日〜当日にすべき準備や注意点まとめ。飲酒や日焼けはNG!

この記事を読んで、入浴はダメだし、アフターケアや施術前の準備もいろいろあるなんて、ヒゲ脱毛は面倒かも…と考えた人もいるかもしれません。

しかし、ヒゲ脱毛にはメリットもたくさん!次の記事では、ヒゲ脱毛のメリットを体験談とともに紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

ヒゲ脱毛を実際に体験した人の効果を紹介!メリットだけじゃなくデメリットも?

【2020年】ヒゲ脱毛おすすめランキング発表!