ヒゲ脱毛後の保湿やアフターケアの方法は?肌トラブルを引き起こすNG行為も!

2020年5月8日更新

ヒゲ脱毛というと、「肌に負担がかかるのではないか」と心配な人も多いようです。特に、「ヒゲ脱毛を始めて肌が赤くなり、ヒリヒリし始めた」という人は、本当に脱毛で肌がきれいになるのか不安になってしまいますよね。

そんな悩みを持った人もご安心を!脱毛後にしっかりと保湿・アフターケアをすることで、肌のトラブルは軽減することができます。

この記事では、大手脱毛クリニック・サロンの公式情報をもとに、ヒゲ脱毛後に起きやすい肌トラブルと、それを軽減する保湿・アフターケアについてご紹介します。

目次
  1. ヒゲ脱毛後に起きやすい3つのトラブルとは?
  2. ヒゲ脱毛後の肌トラブルを軽減するアフターケアの方法6つ
  3. 保湿・アフターケアでヒゲ脱毛の肌トラブルを最小限に!

ヒゲ脱毛後に起きやすい3つのトラブルとは?

ヒゲ脱毛後の保湿・アフターケアが大切なのは、肌トラブルを最小限に抑えるため。脱毛は肌に負担がかかってしまうので、多かれ少なかれ肌にトラブルが発生してしまいます。

炎症・ヒリヒリ感・むくみ(炎症性浮腫)は、レーザー照射直後はほとんどの方に見られる症状です。

ただ、これらの症状もしっかりと対策をすれば、ダメージを最小限に抑えられます。この章では、ヒゲ脱毛後に起きやすい肌のトラブル3つについて、詳しく見ていきましょう。

①肌が赤くなる・火照る

ヒゲ脱毛をした後に、施術した箇所が赤くなったり、火照ったりすることがあります。これは、脱毛に使用するレーザーの熱が原因。施術後の肌はレーザーの熱で温度が上がった状態になっており、赤みや熱を帯びやすくなっています。

多くは翌日に治まりますが、もともと肌が荒れやすい体質の場合、数日続くことも。

レーザー照射により発生した熱が原因です。個人差はありますが、照射後は多くの方にこの反応が見られます。大抵は翌日には治まりますが、お肌が弱く荒れやすい体質の方ですと、数日間続く事もあります。

敏感肌の人はもちろん、そうでない人も、刺激を与えないよう注意する必要があります。

②肌がひりひり痛む・かゆくなる

熱を帯びた赤い肌は、いわゆる日焼けと似たような状態。さらに、肌が熱を帯びていると表皮の水分が蒸発して、乾燥しやすくなっています。そのため、肌がヒリヒリ痛む・かゆいという症状が発生するのです。

特に、ヒゲのように毛が太い部位は、熱が発生しやすく、ヒリヒリ・かゆみを起こしやすくなります。保湿をする・刺激を与えないようにするなど、アフターケアを徹底しましょう。

③毛嚢炎・ニキビができる

毛嚢炎(もうのうえん)とは、細菌に感染することによって肌に発生する、ニキビや虫刺されのような赤いぷつぷつのことです。

毛嚢炎とは、毛根を包んでいる毛包が細菌感染を起こし、その結果、細菌感染部に膿が溜まり白いニキビ状のできものが出現したり、虫刺され後のような赤いブツブツ(丘疹)ができることを言います。

レーザーの熱によって肌のバリア機能は低下していますが、その毛穴に細菌が侵入することで毛嚢炎は起こります。ヒゲやワキなど毛が太い部位で起こりやすいため、ヒゲ脱毛時は特に注意が必要です。

毛嚢炎・ニキビを防ぐには、肌を清潔に保ち、ヒゲ剃りで肌に負担をかけないことが大切です。ニキビや毛嚢炎の対策についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

ヒゲ脱毛後のニキビや毛嚢炎を防ぐ方法は?ヒゲ脱毛と肌荒れに関する注意点を解説!

ヒゲ脱毛後の肌トラブルを軽減するアフターケアの方法6つ

上で紹介した肌のトラブルは一時的なものですが、できることならダメージを最小限にしたいですよね。そのためには保湿を含めたアフターケアを徹底することが大切。ヒゲ脱毛後の肌トラブルを最小限にするための、有効な対策を紹介していきます。

①入念な保湿で乾燥を避ける

脱毛後の肌は熱を持っており、水分量が蒸発して乾燥しやすくなっています。乾燥するとさらに肌が荒れやすくなってしまうので、しっかりと保湿をして脱毛後の肌を守りましょう。

具体的な保湿方法・タイミングは次の通り。

  • 入浴後・洗顔後など、肌が乾燥しやすいタイミングで保湿をおこなう
  • 化粧水と保湿クリームの両方を使用する

上でもご紹介した通り、脱毛後の肌は乾燥すると赤み・かゆみを帯びやすくなります。特に入浴後や洗顔後は、肌の水分が失われて乾燥しやすくなっているので、このタイミングでの保湿が大切。

寝ている間も水分が失われやすいので、就寝前に保湿するのも効果的です。

「保湿ケア」の際は入浴後や睡眠前の実施が効果的になりますので、日常生活の中に習慣としてお取り込みいただき、季節的な潤い不足の影響をうまくカバーしていただければと思います。

また、化粧水と保湿クリーム両方を使うことによって、肌に水分を与え、潤いをキープする効果が期待できます。

化粧水だけですと肌に浸透する前に蒸発するので、保湿クリームでお肌の潤いを閉じ込めます。

特に秋〜冬にかけては乾燥しやすいので、この期間の保湿は念入りにおこないましょう。

②日焼けをしないようにする

脱毛直後の日焼けは絶対NG!脱毛で熱を帯びた肌にさらに熱を加えることになるので、ヒリヒリ・かゆみを悪化させてしまいます。赤みを帯びた肌がさらに赤くなる・火傷を負ったようになる恐れも。

また、日焼けをすると、肌に含まれるメラニン(黒色色素)が増えてしまいます。その結果、日焼けが元に戻るまで脱毛できなかったり、脱毛時の痛みが強くなったりする可能性が。

ヒゲ脱毛はただでさえ痛みが強い部位なので、日焼けをしないようくれぐれも注意してください。

③熱いお風呂やサウナに入らない

熱いお風呂やサウナは体温を上げる行為になるので、日焼けと同様、ヒリヒリやかゆみの原因になります。少なくともヒゲ脱毛当日は、ゆっくり湯船につかるのは控えて、ぬるめのシャワーで済ませてください。

洗顔は問題ありませんが、顔をゴシゴシ拭くのは肌に刺激を与えてしまうので、やめましょう。

ヒゲ脱毛後の入浴時の注意点については、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ヒゲ脱毛後の入浴や洗顔はNG?お風呂に浸かってはいけない理由とアフターケア方法

④施術直後のヒゲ剃りはしない

脱毛直後の肌は、バリア機能が低下しているため、とてもデリケートです。特にカミソリでのヒゲ剃りは、強い刺激を与えるため、ヒリヒリやかゆみを強くしてしまう恐れも。

施術直後のヒゲ剃りは控えてください。

毛抜きの使用もNG!

「剃ってダメなら抜けばいい」と考える人もいるかもしれませんが、毛抜きの使用はもっとNG!レーザーの照射でダメージを受けている肌に毛抜きを使用すると、色素沈着や赤みの原因になるからです。

また、毛抜きで毛根からヒゲを抜いてしまうと、次のレーザー脱毛で毛根にダメージを与えられず、効果が薄れてしまう可能性があります。ヒゲ脱毛直後は毛抜きを使わないようにしましょう。

⑤肌を清潔に保つ

脱毛直後の肌は、毛嚢炎やニキビが発生しやすくなっています。特に、不潔な状態の手で顔を触ったりすると、菌が毛穴に入り込んで、毛嚢炎になるリスクもさらにアップ。

脱毛直後は、肌を清潔に保つよう心がけましょう。

⑥飲酒を控える

飲酒をすると体温が上がるので、赤みやかゆみの原因になります。

そのため、ヒゲ脱毛当日は飲酒しないようにしてください。もしヒゲ脱毛の日に飲み会の予定が入ったら、日程調整をしたり、ノンアルコールドリンクを飲んだりするようにしましょう。

保湿・アフターケアでヒゲ脱毛の肌トラブルを最小限に!

以上、ヒゲ脱毛後のトラブルを避けるための保湿・アフターケアについてまとめてきました。

ヒゲ脱毛による肌トラブルを少しでも軽減したい場合は、脱毛直後の行動に注意が必要です。飲酒や入浴、日焼けなどの「体温を上げる行為」を避けたり、保湿を徹底したりすることで肌トラブルを最小限に抑えることができます。

しかし、肌の状態は人それぞれ。「何日後までは◯◯をしないほうがいい」というのは、人によって異なります。不安な人はカウンセリングなどで相談して、適切な判断をしてもらいましょう。

脱毛に肌トラブルはつきものです。不安であれば自分で判断せず、施術を受けたクリニック・サロンに相談してみましょう。

【2020年】ヒゲ脱毛おすすめランキング発表!