腹毛(ギャランドゥ)の処理方法を比較!クリニックやサロンで脱毛するメリットは?

2019年10月6日公開

ムダ毛処理というと女性が行うものというイメージがありますが、最近では男性でも自己処理や脱毛を行う人が増えています。特に、腹毛やギャランドゥは女性ウケが悪いと言われており、気になる人も多いはず。

そこで今回は、女性が腹毛に抱くイメージから、腹毛の自己処理方法、腹毛脱毛のメリット・デメリットまで、詳しく紹介します。

目次
  1. 男性の腹毛(ギャランドゥ)に対して女性はどう思ってる?
  2. 自宅で腹毛を処理する方法は?メリット・デメリットも
  3. クリニック・サロンで腹毛を脱毛するメリット・デメリット
  4. 効果や金額に差が!クリニックとサロンはどう違う?
  5. クリニック・サロンで腹毛を脱毛する前に知っておきたいこと

男性の腹毛(ギャランドゥ)に対して女性はどう思ってる?

腹毛やギャランドゥが濃いと、自分自身もあまりいい気分ではありませんが、「女性に見られたときに恥ずかしい」「女性にどう思われるのか気になってしまう」という人も多いはず。

実際、女性からは「うぶ毛程度ならいいけど、濃いのはちょっと…」「不潔な感じがする」という声が。男性の中にはギャランドゥはセクシーさをアピールできるパーツだと思っている人も少なからずいますが、実は女性からは不評なんです。

腹毛やギャランドゥは、「できればない方がいい」というのが大多数の女性の意見です。最近では脱毛を行っている女性も多いためムダ毛に対する目は厳しく、腹毛がモジャモジャ生えっぱなし…という男性は「清潔感がない」と思われてしまうようです。

自宅で腹毛を処理する方法は?メリット・デメリットも

海やプールなど上半身を晒さなければならないときなど、見た目も女性ウケも悪い腹毛をどうにかしたい…というときは、まずは家で簡単にできる方法で自己処理してみようと思いますよね。

まずは代表的な腹毛の自己処理方法について、メリットとデメリットをまとめてみました。

カミソリ

腹毛を処理しようとするとき、一番最初に思いつくのはカミソリで剃るという方法ではないでしょうか?どこでも手に入り、誰でも手軽にできる最も一般的な自己処理方法です。

メリット

カミソリでの自己処理のメリットは、なんと言っても簡単なこと。入浴時なら体を洗うついでにできて時間もかかりません。カミソリはドラッグストアなどでも安く手に入るので、お金がほとんどかからないのも嬉しいポイントです。

デメリット

カミソリは手軽に腹毛を処理できますが、一方で肌を傷つけてしまったり、肌荒れや乾燥を引き起こしてしまったりすることもあります。

また、肌の奥の毛までは処理できずすぐに伸びてくるので、頻繁にシェービングしなければならないうえ、毛の断面の黒いブツブツが目立ち、触るとチクチクするのもデメリットのひとつです。

除毛クリーム

除毛クリームとは、毛のタンパク質に反応し、毛を溶かすことのできるアルカリ性の薬剤のこと。ドラッグストアなどで手軽に買えるため、カミソリに次いでポピュラーな自己処理方法のひとつです。

メリット

腹毛の気になる部分に除毛クリームを塗って5~10分ほど放置し、クリームを取り除くだけでとても簡単に腹毛を処理できます。チクチク感なく、ツルツルすべすべな手触りになるのも嬉しいポイント。広範囲を一度に処理できるので、お腹全体に毛が生えている人でも安心です。

デメリット

除毛クリームは、薬剤で毛を溶かすことでムダ毛を処理するという仕組みのため、毛と同じくタンパク質を主成分とする肌への負担も相当なものです。除毛後に肌がヒリヒリしたり、肌荒れを引きこしたりする可能性もあります。

また、除毛クリームはドラッグストアなどで1,000円ほどのものから用意されていますが、腹毛は広範囲な部位だけに使用量も多くなりがちなので、費用がかさみます。

ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックス脱毛とは、ハチミツや松ヤニなどを主成分とするワックスを毛の生えた部分に塗ってシートを貼り、それを一気に剥がすことで毛根から毛を引き抜く方法です。

サロンでの施術が一般的でしたが、最近では市販のものも増え、自宅でも手軽にブラジリアンワックスでの自己処理ができるようになりました。

メリット

ブラジリアンワックスは毛根から毛を引き抜くことができるので、ジョリジョリ感・チクチク感なくツルツルすべすべの肌になることができます。一度処理すれば2〜3週間はツルツルの状態を維持できるため、頻繁な自己処理が必要ないのもメリットです。

デメリット

一気にワックスを剥がして毛を抜く方法のため、痛みは強めです。やり方を間違えると毛のない部分の肌の表面まで剥がしてしまって炎症を起こしたり、毛が皮膚の下で成長してしまう埋没毛になってしまったりすることもあり、肌への負担が大きいこともデメリットです。

また、ワックスが毛に絡むようにしないといけないため、腹毛を最低でも5mm程度伸ばした状態で処理を行う必要があり、「常にツルツルにしていたい」という人にはあまり向かないかもしれません。

クリニック・サロンで腹毛を脱毛するメリット・デメリット

腹毛を自己処理するのは手軽な一方、肌荒れしてしまったり、頻繁な処理が必要だったりと煩わしいことも多いですよね。そんなときは、プロに頼るのがおすすめです。ここでは、クリニック・サロンで腹毛脱毛を行うメリットとデメリットを紹介します。

メリット

シェービングなど自己処理の時間が短縮できる

クリニックやサロンで腹毛脱毛を行うと、すぐにツルツルになるわけではありませんが、1回の施術ごとにどんどん毛量が減っていき、頻繁な自己処理が必要なくなってきます。

脱毛が完了した後はずっとツルツルの状態を維持できるので、これまで腹毛の自己処理に充てていた時間が有効に使えます。

肌がキレイになる

腹毛を自己処理していると、カミソリ負けして肌が荒れたり、毛の先端の黒いポツポツが目立ったりなど、見た目もあまり良くない状態になりがち。

クリニックやサロンでは、毛のメラニンに反応する光を当てて毛根の細胞を破壊していくため、肌を直接傷つけることなく、すべすべの肌を手に入れることができます。

デメリット

脱毛が完了したところは毛が生えてこない

脱毛が完了してツルツルな状態になってしまうと、たとえ後で「ギャランドゥを生やしたい」と思っても生やすことはできません。

クリニックやサロンでは、ツルツルにはせず全体的に薄くすることや、一部分を残して脱毛を行うことも可能なところが多いので、もし迷いのある部分があれば相談してみると良いでしょう。

費用がかかる

クリニックやサロンでの腹毛脱毛のデメリットは、何といっても自己処理に比べ費用が高額なこと。コース料金は安くても50,000円前後と、一度に払うには少し大きな金額です。

しかし、今後何十年も自己処理を繰り返すとなると、カミソリ代やクリーム代、アフターケアなどにそれなりに費用がかかることを考えれば、トータルで見たときに脱毛してしまった方が安上がりという場合もあります。

腹毛の処理方法には、カミソリでのシェービングからクリニック・サロンでの腹毛脱毛までさまざまな方法がありますが、長期的な目線で見て自己処理の手間や肌への負担を考えると、一時的な費用はかかるものの、クリニックやサロンでの腹毛脱毛がおすすめです。

効果や金額に差が!クリニックとサロンはどう違う?

腹毛脱毛の良さはわかったけれど、クリニックとサロン、どちらに行ったらいいの?という人も多いはず。それぞれの特徴をふまえて、クリニックとサロンの違いや、どんな人におすすめなのかをまとめました。

短期間で高い効果を得たいならクリニック

クリニックでは、医療機関にしか認められていない強い出力のレーザーを照射して毛根の細胞を破壊するので、高い脱毛効果が得られます。

一方、サロンではクリニックよりも弱い光で脱毛を行っているため、その分減毛ペースはクリニックよりも遅くなります。短い期間で効果的な腹毛脱毛を行いたいなら、クリニックがおすすめです。

痛みと費用を抑えたいならサロン

高出力の光で脱毛を行うクリニックは脱毛効果が高い分、費用は高額で、痛みも強くなります。サロンでの施術は効果の出方が遅い分、リーズナブルな料金のところが多く、医療レーザー脱毛より痛みも少ないと言われています。

痛みに弱い方、費用をなるべく抑えたい方はサロンを選ぶと良いでしょう。

クリニック・サロンで腹毛を脱毛する前に知っておきたいこと

クリニックやサロンでの腹毛脱毛を考え始めたなら、まずは料金や効果が出るまでの期間など、基本的な情報についても知っておきましょう。

料金について

◀◀◀ 表をスクロールできます ◀◀◀

コース料金 都度払い価格

ゴリラクリニック

クリニック
149,050円(5回) 41,800円

メンズリゼ

クリニック
61,380円(5回) 20,680円

リンクス

サロン
42,000円(4回)
各店先着30人限定で31,500円

84,000円(8回)
各店先着30人限定で63,000円
14,700円

湘南美容クリニック

クリニック
50,600円(3回)
82,500円(6回)
17,730円

医療レーザー脱毛を行うクリニックでは約50,000円から、光脱毛を行うサロンでは42,000円から腹毛脱毛のコースを受けることができます。

腹毛脱毛の料金については、以下の記事でより詳しく解説しています。コース料金以外にかかる費用や、各種割引などの情報もまとめているので、ぜひチェックしてみてください。

腹毛(ギャランドゥ)脱毛の料金が安いクリニック・サロンTOP3!お得な割引情報も

回数・期間について

クリニックやサロンで腹毛脱毛を行う場合、どれくらいで効果が出るのかも気になるところですよね。クリニックとサロンで効果の出方がどう違うのかまとめてみました。

クリニックの場合

◀◀◀ 表をスクロールできます ◀◀◀

回数 期間
効果を実感 3回 半年
ナチュラルな減毛 3~6回 半年~1年
ツルツル 5~10回 10ヶ月~1年半

クリニックでは医療機関にしか許されていない強い光で施術を行っており、効果が出るのは比較的早いと言われています。腹毛脱毛開始から1年も経たずにツルツルの状態を実現することも可能です。

サロンの場合

◀◀◀ 表をスクロールできます ◀◀◀

回数 期間
効果を実感 5回 10ヶ月
ナチュラルな減毛 6~12回 1~2年
ツルツル 10~18回 1年半~3年

サロンはクリニックに比べて弱い光で照射を行うため、効果が出るまでに少し時間がかかります。ツルツルになるまでには最低でも1年半、10回以上の施術が必要です。

その他、腹毛脱毛に通う頻度や1回あたりの照射時間などは、以下の記事で解説しています。

腹毛(ギャランドゥ)脱毛にかかる回数や期間まとめ!通う頻度や照射時間も

痛みについて

クリニックやサロンでの脱毛は「痛い」という声もありますが、腹毛脱毛の痛さはどれくらいなのでしょうか?他の部位と比較してみました。

◀◀◀ 表をスクロールできます ◀◀◀

脱毛部位 痛みレベル
ヒゲ ★★★★
VIO ★★★★
ひざ下 ★★★
★★

腹毛脱毛は、ヒゲやVIOなど他の部位と比べて痛みは少ないと言われています。麻酔なしでも耐えることができるレベルですが、どうしても耐えられないときは、クリニックなら希望すれば麻酔をすることも可能です。

以上、腹毛の自己処理方法や腹毛脱毛のメリット・デメリットなどの基礎知識についてまとめました。腹毛が生えていると、海やプールなどで上半身を露出することにも抵抗を抱きがち。そんなコンプレックスを解消するためにも、腹毛が気になる人はぜひ腹毛脱毛を検討してみてくださいね!

腹毛(ギャランドゥ)脱毛におすすめのクリニック・サロンTOP3