ほくろがあってもヒゲ脱毛は可能!脱毛方法別の「ほくろ毛」への対応を解説

2020年2月7日更新

「ほくろがあるとヒゲ脱毛ができない」と聞いたことはありませんか?実は、それは大きな間違い。ほくろがあっても、ヒゲ脱毛をすることは可能です!

しかし、脱毛方法によって効果やリスクが変わってくるんです。そこでこの記事では、ほくろがあっても脱毛ができる理由やおすすめの施術方法を詳しく紹介します。

記事の最後では、ほくろがある人におすすめの脱毛サロンも紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

目次
  1. 「ほくろがあるとヒゲ脱毛ができない」は嘘?「ほくろ毛」がポイントに
  2. なぜレーザー脱毛では「ほくろ」の脱毛ができない?火傷を防ぐ対策とは
  3. ニードル(電気針)脱毛なら「ほくろ毛」までしっかり脱毛できる!
  4. ニードル(電気針)脱毛が可能なおすすめの脱毛サロン2選

「ほくろがあるとヒゲ脱毛ができない」は嘘?「ほくろ毛」がポイントに

脱毛したい部位にほくろがあっても、脱毛をすることは可能です。しかし、脱毛方法によっては、「ほくろから生えている毛」には対応できない場合があります。

そこで、「ほくろ以外の部分の毛」と「ほくろ毛(ほくろから生えている毛)」が脱毛可能かどうか、脱毛方法別にまとめてみました。

◀◀◀ 表をスクロールできます ◀◀◀

ほくろ以外の部分の毛 ほくろ毛
(ほくろから生えている毛)
医療レーザー脱毛
(脱毛可能)
×
(脱毛不可)
光脱毛
(脱毛可能)
×
(脱毛不可)
ニードル脱毛
(脱毛可能)

(脱毛可能)

実は、メンズ脱毛の主流の方法である医療レーザー脱毛や光脱毛では、ほくろを避けて照射を行うため、ほくろから生えている毛を脱毛することはできないんです。そのため、「ほくろがあると脱毛できない」と誤解されることが多いようです。

一方、ニードル脱毛であれば「ほくろ毛」も脱毛することができます。

これは、レーザー脱毛・光脱毛とニードル脱毛では、脱毛の仕組みが異なるからなんです。このあと、なぜレーザー・光脱毛ではほくろ毛が処理できないのか、逆になぜニードル脱毛では可能なのか、詳しく紹介していきます。

なぜレーザー脱毛では「ほくろ」の脱毛ができない?火傷を防ぐ対策とは

ヒゲ脱毛を考えている人は、医療レーザー脱毛か光脱毛のどちらかで検討している人がほとんどだと思います。「顔にほくろが多いけど、本当に大丈夫?」「なんでほくろの毛は脱毛できないの?」と疑問を抱いた人も多いでしょう。

ここでは、レーザー脱毛・光脱毛の仕組みとほくろ毛の脱毛ができない理由、ほくろのある肌に施術をするための対策をご紹介します。

光がほくろに当たると危険!レーザー脱毛の仕組み&ほくろ毛が脱毛できないワケ

医療レーザー脱毛や光脱毛は、レーザー光が毛に含まれている「メラニン色素」に反応することで、脱毛ができるという仕組みです。光に反応した毛が熱を持つことで毛根の細胞を破壊するため、その毛穴からは二度と毛が生えてこなくなります。

光脱毛やレーザー脱毛は「黒いものに反応する」ことで脱毛させる方法です。

メラニン色素は、毛だけでなく、肌のシミや日焼けした肌、そしてほくろにも含まれています。つまり、ほくろを始めとした、毛以外のメラニン色素が含まれるものにも、光が反応してしまうのです。

肌の色が黒くなりますと、その色(メラニン色素)に反応し、やけどをしてしまう可能性があります。

ヒゲの何倍ものサイズであるほくろに直接光が当たると、たちまち激痛が走り、火傷をしてしまう可能性があります。これが、ほくろ自体に生えた毛の脱毛ができない理由です。

小さい・薄いほくろならOK!クリニック・サロンによっては照射可能な場合も

基本的に、ほくろ自体に生えた毛の医療レーザー脱毛・光脱毛は不可ですが、クリニック・サロンによってはほくろのサイズにより照射可能なところもあります。

メンズリゼは、公式サイトで小さいほくろ・色の薄いほくろなら照射可能と書いてあります。

小さいホクロや色の薄いホクロは照射可能ですが、レーザーを照射したことによりそのホクロの色が薄くなる場合がありますので、チャームポイントとしてホクロを残したいなどのご希望があるようでしたらはカウンセリング時にお申し出ください。

メンズリゼ以外でも、小さい・色の薄いほくろなら照射可能というところはあるので、気になる方はカウンセリングで聞いてみるといいでしょう。

ただし、ほくろにレーザー光を当てて火傷したような状態になると、色素がなくなり色がさらに薄くなる・形状が変わるという可能性があります。「ほくろの形や濃さを変えたくない」という人は、レーザーが当たらないように、事前にその旨を伝えておいてください。

ほくろがあっても大丈夫!肌トラブルを防ぐための対策とは

ヒゲ脱毛をする上で、肌トラブルを招きかねないほくろは邪魔な存在ではありますが、顔にほくろがある人は少なくありません。そこで、クリニックやサロンでは次に紹介するような対策を取ることで、ヒゲ脱毛を可能にしています。

ほくろに保護テープを貼ってから照射する

医療レーザー脱毛・光脱毛では、ほくろに「保護テープ」を貼ることで、ほくろ自体にレーザー光が届かないようにしています。

レーザーを照射すべきでないホクロがあった場合は、「保護シール」のようなテープを貼ってレーザーの影響を回避することができます。(中略)「ホクロがあるからヒゲ脱毛できない…」といったご心配は無用です。

保護テープを貼れば、保護テープの上からレーザーが照射されても問題ありません。

レーザーの出力を弱めて照射する

先ほど紹介した通り、小さなほくろや色素の薄いほくろなどは、保護せずにそのまま施術を行う場合もあります。その際は、照射の出力を弱めることで、火傷などの肌トラブルのリスクを軽減します。

しかし、レーザー光を弱めるとせっかくの脱毛効果が半減してしまいます。また、あくまで照射可能という話なだけであって、弱い光を当てたとしても、ほくろから生えている毛の脱毛は難しいのが実情です。

照射のパワーを弱めることで脱毛回数や費用の増加といった問題も発生しかねないので、どうしてもほくろ毛を脱毛したい場合は、この後紹介する「別の脱毛方法」を検討するのもおすすめです。

ニードル(電気針)脱毛なら「ほくろ毛」までしっかり脱毛できる!

ほくろに生えている毛は太く濃いことが多く、「脱毛したい!」と考えている人も少なくないと思います。そんな人におすすめなのが、ほくろ毛の脱毛も可能な「ニードル(電気針)脱毛」です。

光じゃなくて電気の力で脱毛!ニードル脱毛の仕組み&ほくろの毛が脱毛できるワケ

ニードル脱毛では、毛穴に針を差し込み、電流を流して毛根の細胞を破壊することで脱毛します。黒色(メラニン色素)との反応で脱毛をするレーザーや光脱毛とは全く違う脱毛方法です。ニードル脱毛の主なメリットは、以下の2つです。

  • ほくろ、白髪、日焼け肌、タトゥーでも脱毛できる
  • 1本1本脱毛するので、狙った毛を確実に脱毛できる

ニードル脱毛の最大のメリットは、医療レーザー脱毛では永久脱毛処理できない白髪やほくろ・タトゥーの上に生えている毛も脱毛がすることができる点です。(中略)ニードル脱毛であれば、毛の色や肌の色に関わらず脱毛が可能です。

ピンポイントで脱毛ができるニードル脱毛は、まさにほくろ毛に悩む人に最適な脱毛方法と言えますね。

痛みや料金がネック…ニードル脱毛は賢く取り入れるのがおすすめ

ほくろ毛の脱毛にはぴったりのニードル脱毛ですが、医療レーザー脱毛や光脱毛と比べて次のようなデメリットも。

  • 痛みがとても強い
  • 本数ごとの料金体系なので、費用がかさみやすい

特にヒゲ全体を脱毛したいという場合、脱毛の本数が増えるので料金も高くなりがちです。

できるだけコストを抑えてほくろ毛を脱毛したいという人は、レーザー脱毛とニードル脱毛を併用することも可能。ヒゲ全体はレーザー脱毛、ほくろ毛や白髪はニードル脱毛というように、上手に組み合わせて脱毛することをおすすめします。

ニードル(電気針)脱毛が可能なおすすめの脱毛サロン2選

ほくろの毛も脱毛したいけれど、どこのサロンでニードル脱毛ができるのかわからない…という人も多いはず。

ここでは、ほくろ毛の脱毛に最適な「ニードル脱毛」ができるおすすめの脱毛サロンを紹介します。ニードル脱毛で、しぶといほくろ毛とおさらばしましょう! 

①まずは1,000円の脱毛体験から!メンズTBC

メンズTBC

◀◀◀ 表をスクロールできます ◀◀◀

店舗数 48店
施術方法 ニードル脱毛
営業時間 12:00〜21:00(平日)/10:00〜20:00(土日)/10:00〜19:00(祝日)
※店舗により異なります
料金 通常メニュー
メンバー価格:110円/本〜
ビジター価格:132円/本〜
特別オーダーメイドプラン(ヒゲ800本)
105,800円
(入会金、入会事務手数料、ケア用品込み)
トライアル ヒゲ脱毛体験(150本)
1,000円

「メンズTBC」は、女性向けエステサロンとして有名な「エステティックTBC」の男性向けサロンです。

このサロンの特筆すべき点は、「トライアル料金の安さ」。通常16,500円以上かかるメニューを、1,000円という破格の安さで受けることができます。

トライアルで、ほくろ毛だけでなく、気になる部分をピンポイントで脱毛できるのは嬉しいですね。

メンズTBCの公式サイトを見る
メンズTBCの総合評価・口コミを見る

②信頼できる老舗メンズサロン「ダンディハウス」

ダンディハウス

◀◀◀ 表をスクロールできます ◀◀◀

店舗数 49店
施術方法 ニードル脱毛
営業時間 11:00〜21:00(平日)/11:00〜20:00(土日祝)
※店舗により異なります
料金 通常メニュー
22,000円/時間
※1時間で約200本の脱毛が可能
※契約時間ごとに単価が変動
10時間契約:19,800円/時間
30時間契約:16,500円/時間
50時間契約:15,400円/時間
トライアル 初回限定コース(30分・約100本)
5,000円

老舗脱毛サロンである「ダンディハウス」も、メンズTBC同様トライアルが用意されていますが、メンズTBCよりはやや高い料金設定です。

しかしながら、技術力の高さやホスピタリティの高さには定評があり、安心して通えるサロンと言えます。最寄りにメンズTBCがない場合は、ダンディハウスでニードル脱毛を体験すると良いでしょう。

ダンディハウスの公式サイトを見る
ダンディハウスの総合評価・口コミを見る

先ほど紹介した通り、「ニードル脱毛」だけでヒゲ全体を脱毛すると費用がかさんでしまうので、まずは「医療レーザー脱毛」や「光脱毛」で、ほくろ以外の部分を脱毛しておくのがおすすめです。

「医療レーザー脱毛」や「光脱毛」でおすすめのクリニック・サロンは、以下の記事で紹介しているので、こちらも合わせて読んでみてください。

【2020年】ヒゲ脱毛おすすめランキング!口コミ975件から人気店を徹底比較

この記事では、ほくろがある場合のヒゲ脱毛に対する影響について解説しました。

ほくろがあってもヒゲ脱毛は問題なくできますが、ほくろに生えた毛まで脱毛したい場合は、脱毛方法をしっかり選ぶ必要があります。

しつこいほくろ毛に悩んでいるなら、「ニードル脱毛」をチョイスするのがおすすめです。特にメンズTBCでは、1,000円という超破格の安さでニードル脱毛体験ができるので、ぜひ試してみてくださいね!

【2020年】ヒゲ脱毛おすすめランキング発表!