脱毛サロン

RINX(リンクス) の施術中の痛みの口コミ・評判

目次
  1. リンクスの「痛み」に関する口コミまとめ
  2. 脱毛時の痛みを軽減&不安を解消するリンクスの取り組み
  3. 光脱毛は医療レーザー脱毛よりも痛くない?痛みの強い部位は?
  4. 痛みが不安なら、まずはお得なトライアルから始めよう
施術中の痛みの口コミ(22件)を見る

リンクスの「痛み」に関する口コミまとめ

メンズ脱毛を検討している人にとって、施術時の痛みはとても気になるポイントです。リンクスの脱毛は痛みが少ないと評判ですが、果たして本当なのでしょうか?

そこで実際にリンクスで脱毛した人の口コミを検証し、どの程度の痛みを感じたのか、どんな痛みなのかをまとめてみました。

脱毛の痛みは我慢できた?

RINX(リンクス)千葉中央店
施術中の痛み
施術完了
脱毛部位:鼻下(口ひげ)、あご、あご下・首、ほほ・もみあげ
ヒゲ脱毛なので覚悟していましたが、鼻の下等はやはり痛みはそれなりに感じられます。もっとも少し強めに指で弾く程度の痛みであり、肌に強いダメージを与える程ではないので特に問題はなかったです。実際に私は男としては繊細な肌の持ち主ですが、施術中に痛みによって肌トラブルが生じる事はありませんでした。
RINX(リンクス)銀座有楽町店
施術中の痛み
施術完了
脱毛部位:鼻下(口ひげ)、あご
男性のひげ脱毛はとても痛いと聞いていましたが、最初にパッチテストがあったので、少し安心できました。リンクスの脱毛器はしっかりと肌を冷却しながら脱毛するそうで、痛みはありますが一回の脱毛にかかる時間が数分なので、我慢できました。
RINX(リンクス)名古屋駅前店
施術中の痛み
施術中
脱毛部位:鼻下(口ひげ)、あご、あご下・首、ほほ・もみあげ
私はフラッシュ脱毛をしていますが、光をあてる前に十分部位を冷やしてくれるため本当に輪ゴムで軽く弾かれる程度のものであり全く問題のない痛さだと思います。 少し顔がビクッとしてしまうことはありますが、その方が効果への期待感も高まるような気もするので多少の痛みはあった方が実感として感じやすいと思います。

メンズ脱毛は痛いというイメージがありますが、実際にリンクスで脱毛を行った人からは「我慢できるレベルの痛み」という口コミが多いのが特徴です。

人によって痛みを感じる程度は違いますが、痛すぎて脱毛を中断するほどの痛みではないようですね。

どんな感じの痛みなの?

RINX(リンクス)東京新宿店
施術中の痛み
施術中
脱毛部位:鼻下(口ひげ)、あご、ほほ・もみあげ
脱毛自体が初めてだったので痛いのかな?と思いましたがパンっとしたぐらいの痛みで、例えるならつまようじで少し強めに刺されたみたいな痛みでした。 麻酔をしていないのに痛みがほぼないのは驚きでした! どこのサイトを見ても痛いって書いてあったので、すごくビックリしました!
RINX(リンクス)大阪梅田店
施術中の痛み
施術中
脱毛部位:鼻下(口ひげ)、あご、ほほ・もみあげ、ワキ
慣れないうちは最初の方は針でツンツンとされるような痛みはありますが、慣れると全く気にしなくなります。 痛みがあるのは効果がある証拠です。 また痛かったら、しっかり照射前に冷やしてくれるので、安心です。
RINX(リンクス)千葉中央店
施術中の痛み
施術完了
脱毛部位:鼻下(口ひげ)
クーリング(アイスパック?で冷やす)してから照射したので、ほとんど痛みはありませんでした。「輪ゴムでパチンと弾かれるレベルの痛み」と説明を受けていたので、構えていましたが、全く痛くありませんでした。感じるとしたら、照射の瞬間に暖かさを感じました。熱いというレベルではないです。痛みに関しては、むしろクーリングで顔を冷やす際に、冷たくて我慢するのが一番気になりました。

脱毛の痛みでよく例えられるのが、「輪ゴムで弾かれるような痛み」というもの。実際にリンクスで脱毛を行った人にもこのように感じた人がいます。なかには、

  • 爪楊枝で刺されたような軽い痛み
  • 針の先でツンと刺されたような痛み
  • 熱いお湯に一瞬触れたような痛み
  • デコピンをされるような痛み

などと感じる人もいました。

また、痛みは感じずに「ポカポカする」「暖かい」と感じる人もいます。リンクスでは事前に冷却ジェルを塗り、照射したあとにも専用のマシンで冷気を当てて熱さを軽減してもらえるので、熱い痛みが苦手な人でも安心です。

どの部位を脱毛すると痛かった?

RINX(リンクス)大阪梅田店
施術中の痛み
施術完了
脱毛部位:鼻下(口ひげ)、あご、ほほ・もみあげ
ゴムでかるくパチンとされる程度の痛みで、恐怖感はありませんでした。鼻下はとくに痛みを感じやすかく、熱さも感じましたが多くの人が我慢できる程度の痛みだと思います。
RINX(リンクス)名古屋栄店
施術中の痛み
施術中
脱毛部位:鼻下(口ひげ)、あご、あご下・首、ほほ・もみあげ、うなじ、胸、腹(へそ周り)、背中、ワキ、お尻、ひじ上(二の腕)、ひじ下(腕)、手の甲・指、ひざ上(太もも)、ひざ下(すね)、足の甲・指、Vライン(ビキニライン)、Iライン(男性器)、Oライン(肛門周り)
施術は光脱毛で行っており、毛が濃い部分(へそ回り等)は、最初は、痛みを感じやすいですが、施術を重ねる内に毛量も少なくなり、痛みも感じなくなってきます。 髭の施術は、アイスパックを使用し、上半身・下半身の施術はジェルを使用して施術します。 痛みは、輪ゴムでパチンと弾かれるレベルです。

鼻下やワキ、VIOなどのデリケートな部位や毛量が多いところ、毛が濃く太いところの脱毛は、ほかの部位に比べて痛みを感じやすいのが特徴です。

ただ、脱毛を進めていくうちに毛量が少なく、毛も細くなるため、だんだんと痛みを感じにくくなってきます。

脱毛時の痛みを軽減&不安を解消するリンクスの取り組み

メンズ脱毛には、主に脱毛サロンで行われる「光(フラッシュ)脱毛」と、クリニックで行われる「医療レーザー脱毛」の2つがあります。リンクスは光脱毛を行う脱毛サロンに分類され、クリニックでの脱毛に比べて価格が安く、痛みが少ないのがメリットです。

しかしながら、口コミにもあったように、痛みがまったくないというわけではないため、痛みに耐えられるか不安な人もいることでしょう。

そこでリンクスでは、少しでも痛みを和らげて快適に脱毛ができるように、痛みを軽減するための工夫を行っています。

独自開発の光脱毛マシンで痛みを軽減

リンクスでは、独自開発した日本初の男性専用脱毛機を使用しています。既存の脱毛マシンに比べて痛みを軽減させる工夫が施されているため、痛みに弱い方でも安心して脱毛を受けることができます。

イノベーションはペルチェ素子を使用した冷却装置と本体に内蔵された特大給水タンクにより、冷却機能を極限まで高めることに成功しました。
サファイヤクリスタルを瞬間冷却することにより、脱毛時の痛みを最小限に抑えることができます。痛みが原因で今まで男性脱毛を始められなかった方にもお喜び頂いております。

リンクスでは、照射部位を瞬間冷却することによって、痛みをできる限り抑えています。また、照射パワーを個人個人の痛みの感じ方によって、非常に細かいレベルで調整することもできます。

高い技術力を持つプロの脱毛技能士を各店舗に配置

全国のリンクスの店舗には、男性の「脱毛技能士」が多数在籍しています。

脱毛技能士は、各種講習や研修を通して、毛髪理論や皮膚理論を学び、技術力を磨いた「脱毛のプロ」。高い技術と豊富な知識を生かし、その人の毛質や肌質を見極めて適切な施術をしてくれるため、痛みや肌トラブルのリスクを抑えることができます。

脱毛の効果や痛みはスタッフの力量にも左右されるため、脱毛に特化した高い技術力を持つスタッフが多いのは安心材料のひとつです。

パッチテストが受けられる

光脱毛は痛みが少ないと言われていますが、メンズ脱毛が初めての人にとってはどれくらい痛いのか不安になるもの。リンクスでは無料でパッチテストを受けることができるので、痛みの程度を知りたい人は体験してみると良いでしょう。

また、照射後に肌トラブルが起きないかどうかや、脱毛の効果を確認するのにもピッタリなので、どのサロンで脱毛をするか悩んでいる人にもおすすめです。

万が一の肌トラブルへの対策も万全

リンクスの光脱毛は、施術の工程を専属医師が監修し、専門知識を持った認定脱毛技能士が、安全性の高い独自の脱毛マシンを使用して施術を行います。施術後には保湿ジェルや除菌水でケアするなど、肌トラブルを防ぐ取り組みもなされています。

光脱毛の施術直後は、赤みやほてりなどの症状が出る場合もありますが、大体の場合は施術当日には症状が引いていきます。

脱毛前に行われるカウンセリングやアフターケアがしっかりしているので、アトピー肌やニキビ肌などで元々肌が弱い人や、日焼けをしやすい人も安心して脱毛ができますよ!

光脱毛は医療レーザー脱毛よりも痛くない?痛みの強い部位は?

医療レーザー脱毛は光脱毛よりも照射の威力が強いですが、そのぶん強い痛みを伴います。

リンクスをはじめとするサロンで行われる光脱毛は、効果が穏やかなぶん痛みは少ないため、ストレスなく脱毛の施術を受けることができます。

クリニックで痛みを和らげるために使われる麻酔は、サロンであるリンクスでは使用できませんが、口コミでもほとんどの人が「耐えられる痛みだった」と話していたように、麻酔を使うほど強い痛みはないため、痛みが心配な方も安心して良いでしょう。

最も痛みを感じやすい脱毛部位は?痛さランキング

脱毛をする際、自分が脱毛をしたい部位がどれだけ痛みを伴うのか気になりますよね。部位ごとにどれくらいの痛みを感じるのか、痛みの強さをランキングにしてみました。

◀◀◀ 表をスクロールできます ◀◀◀

順位 脱毛部位 痛みの強さ(5段階評価)
1位 Oライン(肛門周り) 4.5
2位 鼻下 4
3位 Iライン(男性器) 4
4位 Vライン(ビキニライン) 4
5位 あご、あご下・首、ほほ・もみあげ 4
8位 ワキ 3.5
9位 ひざ下(すね) 3
10位 腹(へそ周り)、胸 2
12位 ひじ下 1.5

毛量や肌質などによっても痛みの感じ方は変わるため、あくまで目安ですが、VIOやヒゲは、胸や腹などのボディ部位と比べて痛みを感じやすいと言えます。

特に医療レーザー脱毛では痛みが強くなるため、リンクスの光脱毛は、痛みに敏感な人や、ヒゲ・VIOなどの痛みを感じやすい部位を脱毛する場合におすすめです。

痛みが不安なら、まずはお得なトライアルから始めよう

リンクスでは、初回限定で好きな部位を1か所選んで脱毛ができるトライアルキャンペーンを行っています。特に痛みが心配な人は、まずはトライアルでどの程度の痛みなのか体験してみるのがおすすめです。

◀◀◀ 表をスクロールできます ◀◀◀

脱毛部位 通常価格 トライアル価格
顔・ヒゲ脱毛
鼻下、口下、あご、あご下・首、ほほ、もみあげ
1か所1回3,150円~5,250円 1か所1回1,800円
1か所3回4,800円
全6か所1回18,000円 全6か所1回5,800円
VIO
ビキニライン、男性器、肛門周り
1か所1回14,700円 1か所1回7,350円
ワキ 1回8,400円 1回4,200円
1回14,700円 1回7,350円
ひざ下(すね) 1回15,800円 1回7,900円

このキャンペーンは最大70%引きの価格で通常の脱毛と同じように脱毛ができるため、リンクスの脱毛が気になっている人はぜひ体験してみてください。

トライアルは各店舗先着30人までの受付なので、申し込みの際は定員に達していないか公式サイトで確認しておきましょう。

リンクスのトライアルに申し込む

以上、リンクスの痛みに関する情報をまとめました。

リンクスの脱毛はヒゲやVIOなど部位によっては軽い痛みを感じるものの、クリニックでの脱毛に比べて痛みは少なく、耐えられない痛みではありません。

特にリンクスが独自開発した男性専用の脱毛マシンは、照射部位を瞬間冷却することによって、痛みをできる限り抑えることが可能です。

クリニックとは違って麻酔などの追加費用もかからないため、痛みが少なくリーズナブルな価格で脱毛したい人にはおすすめの脱毛サロンです。

公式サイトから申し込む

みんなの 口コミ・評判

22件がヒット / 1〜22件目を表示
RINX(リンクス)千葉中央店
施術中の痛み
施術完了
脱毛部位:鼻下(口ひげ)
クーリング(アイスパック?で冷やす)してから照射したので、ほとんど痛みはありませんでした。「輪ゴムでパチンと弾かれるレベルの痛み」と説明を受けていたので、構えていましたが、全く痛くありませんでした。感じるとしたら、照射の瞬間に暖かさを感じました。熱いというレベルではないです。痛みに関しては、むしろクーリングで顔を冷やす際に、冷たくて我慢するのが一番気になりました。
RINX(リンクス)千葉中央店
施術中の痛み
施術中
脱毛部位:鼻下(口ひげ)、あご、背中
もちろん最初はヒゲも濃く、初めての痛みだったため、少し驚きましたが、慣れれば全く気にする必要はありません。 痛みの程度としては、痛いときは熱いお湯に一瞬触れたような痛み、気にならないときは温かいお湯といった程度です。 むしろ光が眩しい時があり、我慢できない時もありました。
RINX(リンクス)大阪梅田店
施術中の痛み
施術完了
脱毛部位:鼻下(口ひげ)、あご、あご下・首、ほほ・もみあげ、うなじ
我慢できないほどの痛みではないのですが、バチバチと弾かれるような一瞬の痛みが大体20分程度続くのでそれ以上されると痛くてしんどいのですが、我慢することができました。それよりも氷のような冷たいもので冷やすのが寒くてつらかったです。
RINX(リンクス)東京上野店
施術中の痛み
施術中
脱毛部位:鼻下(口ひげ)、あご
個人差はあるが、光脱毛なので痛みは少なかった。顔の中でも特に痛いとされている鼻下でも軽くデコピンされるぐらいなので、個人的には余裕で耐えられた。輪ゴムで弾かれるよりはいたくないと思う。
RINX(リンクス)名古屋栄店
施術中の痛み
施術中
脱毛部位:鼻下(口ひげ)、あご、あご下・首、ほほ・もみあげ、うなじ、胸、腹(へそ周り)、背中、ワキ、お尻、ひじ上(二の腕)、ひじ下(腕)、手の甲・指、ひざ上(太もも)、ひざ下(すね)、足の甲・指、Vライン(ビキニライン)、Iライン(男性器)、Oライン(肛門周り)
施術は光脱毛で行っており、毛が濃い部分(へそ回り等)は、最初は、痛みを感じやすいですが、施術を重ねる内に毛量も少なくなり、痛みも感じなくなってきます。 髭の施術は、アイスパックを使用し、上半身・下半身の施術はジェルを使用して施術します。 痛みは、輪ゴムでパチンと弾かれるレベルです。
RINX(リンクス)名古屋駅前店
施術中の痛み
施術中
脱毛部位:鼻下(口ひげ)、あご、あご下・首、ほほ・もみあげ
私はフラッシュ脱毛をしていますが、光をあてる前に十分部位を冷やしてくれるため本当に輪ゴムで軽く弾かれる程度のものであり全く問題のない痛さだと思います。 少し顔がビクッとしてしまうことはありますが、その方が効果への期待感も高まるような気もするので多少の痛みはあった方が実感として感じやすいと思います。
RINX(リンクス)北海道札幌店
施術中の痛み
施術中
脱毛部位:鼻下(口ひげ)、あご、あご下・首、ほほ・もみあげ、腹(へそ周り)
カメラのフラッシュのようなものを脱毛部分に当てられ、フラッシュのような光を当てられます。毛が濃いところは少し痛みを感じますが光をあてる前に、氷などで冷やされるので痛みはほとんど感じませんでした。 どちらかというと、氷の冷たさに耐えるのが少し辛かったです。
RINX(リンクス)東京上野店
施術中の痛み
施術中
脱毛部位:鼻下(口ひげ)、あご、あご下・首、ほほ・もみあげ
自分の髭の量、施術の進捗に合わせて強さを調整してくれていたため、少しチクったする程度で、我慢できない痛みなどではありませんでした。クーリングもしっかりりしてくれたので、あまり長期間赤くなるようなこともありませんでした。
RINX(リンクス)千葉中央店
施術中の痛み
施術完了
脱毛部位:鼻下(口ひげ)、あご、あご下・首、ほほ・もみあげ
ヒゲ脱毛なので覚悟していましたが、鼻の下等はやはり痛みはそれなりに感じられます。もっとも少し強めに指で弾く程度の痛みであり、肌に強いダメージを与える程ではないので特に問題はなかったです。実際に私は男としては繊細な肌の持ち主ですが、施術中に痛みによって肌トラブルが生じる事はありませんでした。
RINX(リンクス)大阪天王寺店
施術中の痛み
施術完了
脱毛部位:鼻下(口ひげ)
痛みに自信があるというわけではありませんが、交際中の彼女の脱毛器を使って、何度か(別の部位ではあるのものの)照射したことがあり、ある程度の痛みは予測できていたからです。もちろん、痛みはありましたが、個人的には注射に比べれば、全然痛くはありませんでした。
RINX(リンクス)東京上野店
施術中の痛み
施術完了
脱毛部位:鼻下(口ひげ)、あご、あご下・首、胸、ワキ、ひじ下(腕)、手の甲・指、ひざ上(太もも)、ひざ下(すね)、足の甲・指、Vライン(ビキニライン)、Iライン(男性器)、Oライン(肛門周り)
最初(濃い時)は何重の輪ゴムで思いっきり弾かれたような痛みがあり(部位によっても異なる)涙目になる事もありましたが、麻酔がないので保冷剤を使用して施術しました。 回数を重ねるうちに痛みがどんどん減っていきました。 最終的に痛みは殆ど感じることが無くなり、逆に「痛い方が効いているんじゃないか」という位、痛みなく施術出来ています。
RINX(リンクス)岡山駅前店
施術中の痛み
施術中
脱毛部位:Vライン(ビキニライン)、Iライン(男性器)、Oライン(肛門周り)
多少の痛みは脱毛なので感じます。RINXは感覚のマヒや火傷防止の為、アイスを施術する患部にあててから行うので、冷たいのが苦手な方はおすすめしない。全然平気な方なら、ヒンヤリしていて逆に気持ちいいと思います。(自分がそうです)また、1回の施術も30分程度なので最初は怖がっていましたが全然平気でした。
RINX(リンクス)名古屋栄店
施術中の痛み
施術完了
脱毛部位:鼻下(口ひげ)、あご、あご下・首、ほほ・もみあげ
初めてのときは、ピリッとした感覚がありました。氷をあててもらえるので、あまり大きな痛みではないです。特に濃い口ひげやあごひげは、痛みが強く感じますが、スタッフが氷の当てる時間を調整してくれるので、そこまで心配ありませんでした。
RINX(リンクス)東京新宿店
施術中の痛み
施術完了
脱毛部位:鼻下(口ひげ)、あご、ほほ・もみあげ、胸
毎回、前回の痛みについて聞かれるが、光を打つ直前に保冷剤で冷やす時間によって痛みが大きく左右されます。肌を冷やす時間は施術するスタッフの方のさじ加減なので短い人だと施術の痛みは強いです。ただ、痛いと言うと出力される光が弱くなるので、脱毛効果は薄くなると思います。
RINX(リンクス)大阪難波店
施術中の痛み
施術完了
脱毛部位:鼻下(口ひげ)、あご、あご下・首、ワキ
昔はヒゲを抜いていた事も有り、ヒゲの生えてくる範囲のいたみはある程度慣れていた事もあって、個人的には輪ゴムで弾かれるよりも弱い痛みだと感じてました。 脇に関しては敏感な部位なのでヒゲよりも痛く思わずビクっとなってしまうくらいですが、耐えれるレベルの痛みです。
RINX(リンクス)大阪梅田店
施術中の痛み
施術完了
脱毛部位:鼻下(口ひげ)、あご、ほほ・もみあげ
ゴムでかるくパチンとされる程度の痛みで、恐怖感はありませんでした。鼻下はとくに痛みを感じやすかく、熱さも感じましたが多くの人が我慢できる程度の痛みだと思います。
RINX(リンクス)静岡駅前店
施術中の痛み
施術完了
脱毛部位:鼻下(口ひげ)、あご、あご下・首、ほほ・もみあげ
私はリンクスに通う前まで家庭用脱毛機を使用していました。家庭用脱毛機は保冷剤を使わないで使用し続けるとどんどん熱くなっていき最終的には軽くやけどになっている箇所もありました。しかしリンクスはスタッフがしっかりと保冷剤を当ててくれているのと機械が優秀なので痛みをあまり感じませんでした。
RINX(リンクス)東京新宿店
施術中の痛み
施術中
脱毛部位:鼻下(口ひげ)、あご、ほほ・もみあげ
脱毛自体が初めてだったので痛いのかな?と思いましたがパンっとしたぐらいの痛みで、例えるならつまようじで少し強めに刺されたみたいな痛みでした。 麻酔をしていないのに痛みがほぼないのは驚きでした! どこのサイトを見ても痛いって書いてあったので、すごくビックリしました!
RINX(リンクス)大阪梅田店
施術中の痛み
施術中
脱毛部位:鼻下(口ひげ)、あご、ほほ・もみあげ、ワキ
慣れないうちは最初の方は針でツンツンとされるような痛みはありますが、慣れると全く気にしなくなります。 痛みがあるのは効果がある証拠です。 また痛かったら、しっかり照射前に冷やしてくれるので、安心です。
RINX(リンクス)秋田駅前店
施術中の痛み
施術完了
脱毛部位:鼻下(口ひげ)、あご、あご下・首、ほほ・もみあげ
脱毛の種類がやさしいものだったということもありますが、ほとんど痛みを感じることなくして施術を受けることができました。 知り合いに聞いた話では非常に痛かったと聞いていたので思いのほか拍子抜けでした。
RINX(リンクス)東京品川店
施術中の痛み
施術完了
脱毛部位:鼻下(口ひげ)、あご、ほほ・もみあげ
ひげ脱毛は相当痛くてクリニックでは麻酔を使う場合もあると聞いていたので覚悟していました。リンクスの脱毛は、脱毛機器が良いためか?痛みはあるがしっかり肌を冷却しながら行うので我慢できました。1回の脱毛が30分くらいで終わるので、思ったよりずっと早かったです。
RINX(リンクス)銀座有楽町店
施術中の痛み
施術完了
脱毛部位:鼻下(口ひげ)、あご
男性のひげ脱毛はとても痛いと聞いていましたが、最初にパッチテストがあったので、少し安心できました。リンクスの脱毛器はしっかりと肌を冷却しながら脱毛するそうで、痛みはありますが一回の脱毛にかかる時間が数分なので、我慢できました。
公式サイトから申し込む